It displays it with js.

牛乳類の種類について

牛乳には多くの種類がありますが、一般的に市販されている牛乳類は主に6つに分けられます。

これらの成分規格や表示などは、食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)で規定されています。

牛乳の成分規格

種類別 成分規格 衛生基準
乳脂肪分 無脂乳固形分 細菌数
(1ml中)
細菌数
(1ml中)
牛乳 3.0%以上 8.0%以上 5万以下 陰性
成分調整牛乳 - 8.0%以上
低脂肪牛乳 1.5%以下 8.0%以上
無脂肪牛乳 0.5%未満 8.0%以上
加工乳 - 8.0%以上
乳飲料 乳固形分3.0%以上 3万以下

※無脂乳固形分とは、牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分(乳飲料は公正競争規約による)

牛乳

搾ったままの牛の乳(生乳)を加熱殺菌したもの。成分無調整で、水などを加えることは法律で一切禁じられています。

牛乳

生乳から水分、脂肪分、ミネラルなどの一部を除去し、成分を調整したもの。

牛乳

生乳から脂肪分を除去し、低脂肪(0.5%以上1.5%以下)にしたもの。

牛乳

生乳から脂肪分を除去し、無脂肪(0.5%未満)にしたもの。

牛乳

生乳に脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたもの。

牛乳

生乳や乳製品を主原料にビタミン、ミネラルなどの栄養分や、コーヒーや、果汁を加えたもの。

  • ミルク物語
  • ミルクの旅
  • ミルクの種類
  • ミルクの歴史
It displays it with js.
Google Analytics